ニュース
妊娠中に安全な缶詰の果物は、します。
- Jul 19, 2018 -

豊富な栄養、栄養が豊富で、妊娠中の女性の多くは栄養量を補完するだけでなく効果的に妊娠中、便秘、高血圧など多くの不快感を和らげるためにも、食べることが大好き、それ以来果物を食べることができるし、妊娠中の女性は、缶詰の果物を食べることができますか。一緒にそれを知ってみましょう。

初期の妊娠中の女性は酸味と甘い果実を食べるを好む、いくつかの妊娠中の女性は食べるが好き缶詰の果物、があまりにも多くの缶詰の果物、成長および胎児の発育に影響します。

製造の過程において缶詰の果物、顔料、風味、防腐剤など添加剤を追加する必要があります。これらの物質は、大人の排泄と解毒の能力が強いので、人体にほとんど影響のある通常合成の化学物質です。しかし、妊娠中の女性は異なっています。身体の生理学的変化の一連のため解毒と排泄の機能が影響を受けます。妊娠中の女性は長い間、本質的に、色素などの化学添加物大量の缶詰の果物を食べる場合、防腐剤等に入ります原因慢性中毒、流産、早産や難産、胎盤血液の循環を介して胎児胎児の奇形。その、妊娠初期で、選択では酸味の食べ物を食べより缶詰の果物を食べると適していません。それは妊娠中の女性と胎児の健康、米酢、酸ワイン、ピクルス ピクルス酸性と刺激性食品などに有害ななります。


妊娠中に果物を食べるとき我々 は「度」と「タオ」注意を払う必要があります。果実は適度に食べるべきであることを示し、「タオ」は、フルーツ注目すべきことに「度」を意味します。

1、右の量: 果物の補足、1 日あたり 200 グラム以上、低糖フルーツ、高果糖を食べていない気ままなスイカなど果物を選択してください。

適切な時期に、2: 食事や食事の前に 1 時間後 2 時間以内に食べられるべき果物を食べるします。鼓腸、便秘、食事が発生した直後には、果物を食べる。

3、果物には食べた後の口を洗浄することをお勧めしますので、発酵糖物質が含まれます。

4 は、食品衛生に注意を払う必要があります果物や野菜を食べるします。果物を食べる前に、皮膚を洗浄する必要があります、カット フルーツ、果実に寄生卵を避けるために包丁を使用しないでください。

5、タブー: サンザシ、パパイヤ食べるには最高。サンザシには、子宮の収縮を引き起こすことができる子宮の特定に興奮効果があります。妊娠中の女性の数が多いは、サンザシを食べる場合は、流産につながる場合があります。パパイヤには、女性ホルモンが含まれています、干渉しやすい妊娠中の女性、特に緑のパパイヤのホルモンの変化妊娠中の女性べきである完全に禁欲。のみ、胎児の安定に有害ではない、また流産を引き起こす可能性があります。

さらに、好きな人は非常に多くの果物を食べる、妊娠中の女性が妊娠 28 週第 24 週のある、いつでも妊娠糖尿病」の発生を避けるために、監視、定期的な血液グルコース測定のために病院に行く